風俗予約管理CTI 風俗予約管理CTI

デリヘル営業に必須の顧客管理システム
電話と連携して顧客管理!売上管理!

使い方:顧客管理・利用履歴機能

顧客データ画面

1. メイン画面の「データ」メニューから、「顧客データ」を実行します。

顧客データ画面が開きます。

予約データ画面

1. メイン画面の「データ」メニューから、「予約データ」を実行します。

予約データ画面が開きます。

【補足説明】
予約一覧の中の「新規」の欄に、[店] と記されている予約は、顧客のその店舗への初めての予約であることを示しています。
また、[女] と記されている予約は、顧客のその女の子への初めての予約であることを示しています。(なお、女の子が複数の店舗に所属していてる場合、別の店舗で予約をしたことがある場合でも、店舗が異なれば初めてという扱いになります。)

これらの印がない予約は、リピート予約(店舗を二回以上利用した、女の子を二回以上利用した)ということになります。

着信データ画面

1. メイン画面の「データ」メニューから、「着信データ」を実行します。

着信データ画面が開きます。

【補足説明】
着信一覧の中の「新規」の欄に、[店] と記されている着信は、顧客のその店舗への初めての着信であることを示しています。

顧客の予約履歴画面

1. 顧客データ画面を開き、顧客データを選択します。

2. 「顧客の予約履歴」ボタンを押します。

顧客の予約履歴画面が開きます。

顧客の着信履歴画面

1. 顧客データ画面を開き、顧客データを選択します。

2. 「顧客の着信履歴」ボタンを押します。

顧客の着信履歴画面が開きます。

利用履歴の単純化と削除

【利用履歴の単純化と削除とは】
過去の利用履歴データ(日時、回数、売上)をクリアして、 顧客ごとの利用した女の子の情報に変換します。
顧客の利用した女の子は、顧客のメモ欄に、* で始まる行で記入されます。
振替データがある場合は、女の子の名前の代わりに振替データが記入されます。

1. メイン画面の「データ」メニューから、「利用履歴の単純化と削除」を実行します。

利用履歴の単純化と削除画面が開きます。

2. 日付を選択し、警告文を読み確認のチェックを入れ、「実行して再起動する」ボタンを押します。

利用履歴の単純化と削除が実行され、CTIシステムが再起動します。